親馬鹿つながり?

【2009.11.29の日記】



宋の蘇洵の「名二子説」(二子に名づくる説)という文章を見つけて読んでました(漢/文大系の『唐宋/八家文』に入ってた。明治/書院の『唐宋八大/家文読本』にも入ってると思われる)。「二子」というのは、蘇軾と蘇轍。この親子は「三蘇」と呼ばれる名文家ですよね…親父の蘇洵が「老蘇」、兄貴の蘇軾が「大蘇」、弟の蘇轍が「小蘇」。蘇軾は、三国好きさんならばおなじみの、東坡志林や赤壁の賦を作った人。蘇東坡と言った方が通りがいいかも? 蘇轍は水滸の方にちらっと出てきてましたね…小蘇学士。高俅を厄介払いした人(笑)。

で、「名二子説」というのは、蘇洵が二人の子に「軾」「轍」と名付けた理由を説いた、100字にも満たない短い文章です。でも、これがすごく親心に溢れててですね…読んでてすごく和むのです…。大意は、軾(挨拶するときに手を掛ける前木らしい)は車には不要そうだがこれがない車はなく、轍は車の役には立たないが、車が壊れ馬が倒れようともその禍にはかからない(…そんなふうに生きて欲しいという願望を込めたんだ)的なことが書いてあります(*ほんとに超大雑把です;)。

それで、この締めの文がですね…「轍乎、吾知免矣」という文になっててですね…。こ、これ…鞍の戦いから帰った士燮に対して、士会が話しかけた言葉を思い出さざるを得ない…!
左伝より国語の方が対応度が高いので、国語の方の士会の台詞を引いてみるに、
燮乎、女亦知吾望爾也乎」(燮や、女(なんじ)も亦た吾が爾(なんじ)を望むことを知れるや)
吾知免矣」(吾 免れんことを知れり)
ですよ…に、似てると思うんですけど…! 誰が「(禍を)免れる」かがちょっと違うかもですが…。
しかも蘇洵が言ってることも、いかにも士会士燮親子が好きそうな内容ですしね!(<どんなだ) 蘇洵がこれを踏まえてるのかどうかは知りませんが、とりあえずメモメモ。しかしなんかニヤニヤが止まらなかった…(重症)。
[PR]
by huangque | 2011-01-01 05:25 | 春秋関連

黄雀楼の日記です。三国・春秋語りや無双ネタバレトークなどもあります。


by huangque

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
about
三国関連
司馬晋関連
春秋関連
中国史以外(日本史)
ネタバレ用(無双)
本めも
■日記

メモ帳

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2006年 01月
2005年 12月
2001年 01月

記事ランキング

画像一覧