すわ日記③

年をまたいでしまいましたが(汗)、超自己満足すわ日記ラストです。上社(本宮・前宮)です。省いたつもりですが長いです!
ちなみにこちらが本宮の境内図です。
d0130026_011928.jpg


あと、本宮で見つけたかわええ灯篭(江戸時代の)。
d0130026_0112882.jpg




さて、すわ旅行二日目は上諏訪を回ります。
諏訪には便利な市内循環バスがあるので、それを利用します。どこまで乗っても150円! ありがたい! 便の数がもっと多いとありがたいのですが…(>_<)。この循環バスに乗って、上社本宮に向かいます。

大社前のバス停で降りて、少し歩くと到着。
本宮入口です。
d0130026_0124134.jpg


なお、入口から向かって左側にはお寺があります。ここで昔、信長が光秀を罵倒する事件があったらしいです(こちらのお寺には行きませんでした…)。

鳥居をくぐると、左手に摂社の出早社(いづはやしゃ。タケミナカタの御子神で、イボ治療が得意らしい…)、右手に神馬舎、正面に大きな欅の木。
欅の左に、二の御柱と入口御門があります。御門の彫刻も見事です。
d0130026_013585.jpg


上の写真で、御門の左に見える建物は額堂といって、絵馬などを奉納する建物らしいです。そこには奉納された絵馬の他に、前の御柱祭で使われた神奈子のスペカでおなじみの目処梃子もあります。V字のがめどてこ。
d0130026_0132142.jpg


額堂の奥には摂末社遥拝所と、大国主社があります。こちらが大国主社。
d0130026_0133666.jpg

d0130026_0134911.jpg


↑タケミナカタがオオクニヌシの第二子ってマジですか…古事記(漫画)を見た限り、上には少なくとも御井神とコトシロヌシの二人の兄がいると思ってたんですが…そういう説もあるっていうことなのかな…??<初心者なのでわからない

大国主社の奥にはさらに御宝殿があります。こちらは東宝殿…シートがかかってますが。
d0130026_0141640.jpg


で、こちらの新しいのが西宝殿。
d0130026_0142792.jpg


本殿を持たない上社本宮で、本殿に相当するのがこのご宝殿らしいです。御柱祭が行われるたびに一方を新造するのだそうです。西宝殿は、前の御柱祭の際に建てられたってことなんですねきっと。

さて、境内の他の建物もご紹介。
こちらは勅使殿(奥の長い建物は五間廊)。入口御門を挟んで、額堂などの反対側にあります。
d0130026_0145342.jpg


勅使殿は、文字通り勅使参向の際に幣帛を授受したり、種々の神事が行われた場所で、奥の五間廊は、ここに大社の神官たちが着座したそうです。

こちらは神楽殿。中に巨大な太鼓がふたつあります。片方はかなり古いらしく、皮が黒くなってました(この写真では古い太鼓は見えてないです…でかい太鼓の裏側にあります)。
d0130026_0151942.jpg


こちらはこちらも神奈子のスペカでおなじみ天流水舎。たとえどんな旱天の日でも、屋根の上から水滴が垂れるらしい。
d0130026_0153270.jpg


さて、いよいよ幣拝殿の方へ向かいます。こちらは塀重門。
d0130026_016885.jpg


この奥に重要文化財の幣拝殿が…が…っ!!
d0130026_0161811.jpg


修理中だったあああーー!!! だいぶ前から修理してるんじゃないですかもう全然知らなかった<何も調べてない奴。

幣拝殿の前に参拝所があって、そこまでは行けたのですが、参拝所から見えるはずの幣拝殿の代わりに、幣拝殿の写真を印刷した幕が張ってありました…。奥に見えるのは写真を刷った幕でござまする(その前には神棚や鏡や幣もありましたが)。
d0130026_0164632.jpg


遠目から見るとこんな感じです。
d0130026_0165886.jpg


今回は残念でしたが、もう数か月で修理も終わるようですので、また訪問したいですね…。
ちなみに、こちらの鳥居が正面の鳥居っぽいです。鳥居の奥には一の御柱が見えてます。
d0130026_0171974.jpg



これで本宮を後にして、次は前宮に向かいます。距離は1キロ弱ですかね…。

前宮にはバスで…行きたいところでしたが、例の循環バスは前宮まで行ってくれません。理由は単純といえば単純で、諏訪市の循環バスは、茅野市にある前宮まで行かないのです…上社は属する自治体が違うのですよね…。循環以外のバスならあるかもしれませんが本数が少なそうだし、運動になるからと思って、徒歩で前宮に向かいます。

地図をあれこれひっくり返し、ようやく前宮に到着です。
d0130026_0174553.jpg


鳥居をくぐったすぐ左手には、十間廊があります。諏訪祭政の政庁にあたるそうで、様々な神事も行われたそうです。
d0130026_0181570.jpg


右手の方には、内御玉殿。ここには御神宝が納められ、諸神事に際しては神の現身たる大祝(おおはふり/おおほうり)がこの中の御神宝を身に着け、祭事に臨んだそうです。まさに現人神。
d0130026_019216.jpg


山の方に向かってさらに登っていくと、本殿が見えてきます。前宮は、唯一本殿があります(他の三宮は山や木が御神体なので本殿がない)。
d0130026_019294.jpg


もちろん御柱も立っています。これは二の御柱。(左手に見えるのが本殿。)
d0130026_0195078.jpg


なお、前宮境内には、大祝の住んでいた神原(ごうばら)の跡もあります。これはその説明板。
d0130026_020542.jpg


さっきの鳥居をさらに下がっていくと、大通りに面した大きな鳥居もありました。
d0130026_020475.jpg


で、この後お腹が空いたので、このへんで有名なラーメン屋(ハ○ピンラーメン)まで歩いて行ってきました…前宮から2キロくらいですかね…。前宮から循環バス出てないし、本宮に戻ってもバスの本数が少ないので歩きなのですっ(>_<)!!
ただ、歩きだと周りをゆっくり見られていいなあ…。途中で権祝(ごんのはふり/ほうり)邸の前を通りました。権祝は、諏訪の神職の一つみたいです。
d0130026_0211451.jpg


だいぶ歩いてラーメン屋にたどり着き、お腹いっぱいになったところで、お土産を買うため、また歩いて本宮まで戻ります。運動不足もだいぶ解消されますが、足の裏のマメも立派に成長しました(涙)。

本宮に着いたところで土産を買う前に、本宮の向かいの博物館に向かいます。博物館は休館でしたが、この前に足湯があるらしく…歩きまくって疲れ切った足を癒したかったのです…。こちらが足湯ゾーン。
d0130026_0212949.jpg


中に入ると足湯できます。気持ち良くて30分近く浸かっていたような気がします(笑)。足湯テントの上の方に、諏訪の温泉の由来といわれる伝承を書いた額があったのですが、それによれば、タケミナカタとヤサカトメが些細なことで夫婦喧嘩をして(笑)、ヤサカトメが家出して下社の方に移ったらしいのですが、飛び出す前に作った湯玉(お化粧用のお湯を浸した綿らしい)のお湯をろくに切らなかったので、途中でお湯をぽたぽたこぼしてしまい、それが温泉になったのです…的なことが書いてあっておもしろかったです。そうか、諏訪に温泉が湧きまくってるのは、夫婦喧嘩のお蔭だったんですか…。あと、上社と下社に分かれたのも夫婦喧嘩のせいだったんすか(笑)。

本宮あたりで少しお土産を買い、バスが来るまで時間があったのでもう一度本宮に戻ったりして、循環バスに乗って上諏訪駅まで戻って帰ってきました。疲れのあまり目の具合まで悪くなったりもしましたが(大社で何か悪いことをしたのかもしれない…汗;)、運動もたっぷりできて信濃の一の宮参拝ができて、充実の諏訪観光でございました。以上!
[PR]
by huangque | 2015-01-16 00:23 | ■日記

黄雀楼の日記です。三国・春秋語りや無双ネタバレトークなどもあります。


by huangque

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
about
三国関連
司馬晋関連
春秋関連
中国史以外(日本史)
ネタバレ用(無双)
本めも
■日記

メモ帳

検索

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2006年 01月
2005年 12月
2001年 01月

記事ランキング

画像一覧