「ピンイン」と「ウェード式」

【2006.05.13の日記】


以下やや中国語語り。
最近「ウェード式」という、中国語をローマ字で表記する方法を知りました(遅)。今はピンイン表記がスタンダードで、無双キャラの名前のローマ字表記もこのピンイン法なんですが、欧米では「ウェード式」というローマ字表記法もまだまだあるらしい。

たとえば、「功夫」(カンフー)。これを「kungfu」と表記するのを見かけますがこれは実はウェード式。(ピンインなら「gongfu」と表記する。)

で、だいすきな無双キャラは、ウェード式ではどう表記するのか調べてみました(おまけにピンインの方も)。英語圏の文を読むときに役に立つ…可能性がなきにしもあらず?(笑)↓
ローマ字の右側に記号(: < >)がある場合は、その記号を反時計回りに90度回転させてローマ字に乗っけてください(表示できないので…)

●呂/蒙/子 明
Lu: / Meng / Zi ming(上段=ピンイン)
Lu: / Me>ng / Tzu< ming(下段=ウェード式)

●凌/統/公 績
Ling / Tong / Gong ji
Ling / T‘ung / Kung chi

●甘/寧/興 覇
Gan / Ning / Xing ba
Kan / Ning / Hsing pa

●陸/遜/伯 言
Lu / Xun / Bo yan
Lu / Hsu:n / Po yen

●張/遼/文 遠
Zhang / Liao / Wen yuan
Chang / Liao / We>n yu:an

た、多分間違ってない…(おい)。
ウェード式とピンイン法の表記の対応表は、角川書店から出てる「新字源」(だったかな…小川環樹さんなどが監修してる)という漢和辞典の付録にありますので、興味のある方は本屋で立ち読んでみてくだされ…。
[PR]
by huangque | 2011-01-01 01:55 | 三国関連