<   2001年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

未処理メモ(春秋編2)

メモが長くなったので分割~


【春秋・国語関連】

■国語韋昭注に引かれる主要注釈者のなまえ
・賈侍中=賈逵(後漢の人)らしい。…わりと最近まで賈充の父の魏の賈逵のことだと思ってた…;
・鄭司農=鄭衆(後漢の人)らしい。…わりと最近まで鄭玄のことだt(略) 司農をやってた注釈者の鄭っていうと鄭玄がぱっと出てきてしまって…; ちなみに鄭玄の注を引く場合は「鄭後司農」と書いてある。
・唐尚書=唐固(呉)。だいたい虞翻と同年代(微妙に年上)の人。
・虞御史=我らが(?)仲翔さん。
虞翻注が引かれてるのをあまり見ない…交州にすっ飛ばされてるし、中央には唐固がいて国語を研究してた訳だから、呉におけるメジャー度は唐固注>虞翻注なのかもー。

■春秋三伝で名の表記が異なる人
自分が見つけた・気になったものだけ。十三経注疏に依る。表記した紀年は、自分が見つけたものであって初出ではない。
・荀首(成5経)=「荀首」(左伝・穀梁)/「荀秀」(公羊)
・韓厥(襄元経)=「韓厥」(左伝・穀梁)/「韓屈」(公羊)
・士魴(成18経)=「士魴」(左伝・穀梁)/「士彭」(公羊)
・狐射姑(文6伝)=「狐射姑」(左伝・公羊・穀梁)/「狐夜姑」(穀梁)
  ※穀梁伝はどちらの表記もある。
・先蔑(文7経)=「先蔑」(左伝・穀梁)/「先眛」(公羊)
なお、公羊・穀梁が今文、左伝が古文。らしい。つまり、これらの表記の差異は、今文古文の差異と一致しない。公羊伝だけ特殊なことが多い。

■春秋各国の歴史書のなまえ
『孟子』離婁下から~
・晋→乗  ・楚→檮杌  ・魯→春秋

■左伝の主要注釈書
(角川書店から出てる「鑑賞中国の古典」シリーズの左伝の総説で挙げられているもの)
・杜預[西晋] 『春秋経伝集解』
・孔穎達[唐] 『春秋左伝正義』(『十三経注疏』に収められている)
・林尭叟[宋] 『左伝句読直解』(『春秋左伝杜林合注』として印行)
・顧炎武[清] 『左伝杜解補正』(杜預の注釈の強引な解釈や誤謬を改める)
・恵棟[清]  『春秋左伝補注』
・焦循[清]  『春秋左伝補疏』
・沈欽韓[清] 『左氏伝補注』
・劉文淇[清] 『春秋左氏伝旧注疏証』
・楊伯峻   『春秋左伝注』
(以下二本は左伝を紀事本末の体裁に編纂したもの)
・高士奇[清] 『左伝紀事本末』
・韓席籌[清] 『左伝分国集注』
(以下は日本人の注釈書)
・竹添進一郎(井井) 『左氏会箋』(諸家の注と会箋の見解がごっちゃなのが難点)
・亀井昱(昭陽)   『左氏纘考』(先父・南冥の『考義』の後を承けて書かれた)
・安井衡(息軒)   『左氏輯釈』(明治以降最も流布、杜注読解の助けとされる)

[PR]
by huangque | 2001-01-01 01:05 | 春秋関連

未処理メモ(春秋編)

春秋関連の気づいたことなどのメモ。未処理・未調査・未分類の記事と、ちょっとしたメモの集積所。

   *   *   *   *   *


【晋関連】

■士会の呼び方(出典メモつき…部分的にしか挙げてないけど;)
隨会(文13・在秦時)
范会(昭20・子木と趙武が話してるとこ)
士季(文9/左伝宣12・ヒツ)
隨季(宣12)
隨武子(宣12)
范武子(宣17)
季氏(左伝宣16に周王が)
范子(国語・周語中)
(武季:宣公16年、士会が享礼について尋ねる場面で、『十三経注疏』などの通行本では「武子」とするが、阮元が校勘に使った宋本には「武季」に作るという。『会箋』は足利本(荻生徂徠の弟子の山井鼎が『七経孟子考文』にて校勘に使った、足利学校が持っていたテキストらしい)もここを「武季」としているという。(<でも、阮元の校勘記を見ると、足利本は「季武子」に作っていると言ってるようなんだが…? よく分からん;) 杜預の該当部分の下の注にも「武」「季」各々についての解説を加える。『左氏会箋』は、これは杜預が「武季」に従ってつけた注であり、もともとは「武子」ではなく「武季」だったと言う。楊伯峻『春秋左伝注』では、ここを「武季」に改めている)。

■知オウの呼び方メモ
知オウ
荀オウ
子羽(国語晋語7)
知伯(左伝成公18年/襄公10年)
知子(国語晋語6)
知武子

■祁奚の字
『呂氏春秋』去私篇およびその注によると、祁奚の字は「黄羊」らしい…! って、『春秋左伝注』(成公18年)に書いてあった。

■同称異人めも
「士伯」=先蔑(文7)/士渥濁(宣15)
「士荘伯」=鞏朔(成2)/士弱
なんで先蔑が「士伯」だったり鞏朔が「士荘伯」だったりするんや…分からん;;

■苗賁皇の作戦@鄢陵の戦い の記事の所在
・左伝成公16年、まさにエン陵の戦いの場面
・左伝襄公26年。ここでも苗賁皇の策について詳細に書いてある
・国語・楚語上。エン陵の戦いの描写があるんだけど…策の提案者が苗賁皇じゃなくて、「雍子」ちう人になってるのよな…ど、どちら様…? むむ、後で調べるか…調べて出てくるかしら…。

■雍子について。とりあえず見つけた情報だけメモ。
もとは楚の人で、自分の父兄が(国語によれば共王に対して)彼を讒言したため、晋に亡命してきた人。
左伝・昭公14(BC528)年の記事によると、邢侯(巫臣の子)と田土の件でもめて、調停担当者の叔魚(羊舌鮒。叔向の弟)に娘を嫁がせて自分に有利に事を運ぼうとしたところ、キレた邢侯に叔魚ともども殺されてしまったという、何とも情けない最後を迎えている…。
ただ、楚との戦いでは見事な献策をして晋に貢献しているらしい。
彼が活躍した戦いは、左伝(襄公26年)によれば靡角の戦い(成公18年=BC573年)、国語(楚語上)によれば鄢陵の戦い(成公16年=BC575年)。左伝と国語とで、彼が関与した戦いが異なっている。鄢陵の戦いというと苗賁皇が大活躍!のイメージがあるので、鄢陵の戦いでは雍子が活躍!という国語の記事には違和感があるが、国語(晋語)の鄢陵の戦いの記事には具体的な作戦に関する記述がない。だから、国語の中に限っていえば、鄢陵の戦いの作戦担当者が雍子でも矛盾はないんだよなぁ…。
靡角の戦い/鄢陵の戦いと、雍子が殺された事件との間には、50年弱の時間差があるが、杜預も韋昭も同一人物のことだとみなしている様子。

■御龍氏に関する記事の所在
・左伝襄公24年。士カイが叔孫豹に名は不朽とは何ぞやーと尋ねておいて、相手の答えを聞く前に自分の家系を語り始めるところ(笑)
・左伝昭公29年。龍が現れたことについて、魏舒の問いに蔡墨が答える場面。
・国語・晋語8。襄公24年と同内容。

■郤至が郤溱の子孫?…だと…?
『国語』晋語四のラストの方の郤溱に関する韋昭注に、「郤溱、晋大夫郤至之先」って書いてあるんです…けど…! 郤溱って、郤氏だけど他の郤さんとの血縁関連がイマイチ分からない人なんですよね…。
※郤溱に関する諸注(手持ちの資料だと)↓
・「郤溱、晋大夫郤至之兄」(会箋/僖27)<エエーーッ(笑)!!! たぶん韋昭注の引き間違いではあるまいか…; ちなみに杜預注は郤溱をスルー(笑)
※郤至に関する諸注(手持ち資料より)↓
・「郤至、晋卿歩揚之孫、蒲城鵲居之子温季也」(国語韋昭注/周語中)
・「郤至、晋卿、犨之弟子温季昭子也」(国語韋昭注/周語下) つまり郤犨の甥ってことすか
   …んー、郤至に関する韋昭注では、郤溱にノータッチなのね…。
・「至、郤克族子也」(左伝杜注/成2)
・「世本、郤豹生冀芮、芮生缺、缺生克。又云、豹生義、義生歩楊(←ママ)、楊生蒲城鵲居、居生至」(左伝正義/成2)
どういうことなんですか韋昭せんせい!!!

■「土」会もあながち間違いではない?
左伝のテキストによっては、士会のことを時々「土」会と表記している。何だこの士氏いじめのドイヒーなミスは(笑)と思っていたのですが、洪.亮.吉の『春.秋.左.伝.詁』(文公6年)を見ていたら、「土」会もありうる様子。古来「土」は「杜」に通じ、杜伯の子孫である士氏が「杜」氏を称するのは十分にありうるとのこと(焦.竑という学者の説も引かれていますが、彼に至っては、『「士」の方が間違ってる! 全部「杜」と通じる「土」とすべき!』とまで言っている)。

■劉氏は范氏の末裔説→『漢書』高帝紀 賛

■趙夙と趙衰の関係(楊伯峻の左伝注p590より)
国語(晋語)→兄弟、世本→親子、史記→祖父と孫 らしい。


   *   *   *   *   *


【楚関連】

■楚の公子たちの出自めも
しゅんじゅー大事表は、有力な卿大夫の系図は作ってくれてるけど、諸侯の系図がなくて時々参ってしまう…;
楚の公子たちの系図もないので、気になる人について、左伝や国語の注などを引用しておこう…。
・公子嬰斉(子重)=穆王(荘王の父)の子。荘王の弟
  「子重、公子嬰斉。荘王弟。」(左伝・宣11伝、杜注)
  「楚子重子辛皆出穆王。」(左伝・襄26伝、杜注)
・公子側(子反)=子辛の兄(=穆王の子で荘王の兄弟)???
  「壬夫、子反弟子辛。」(左伝・襄公元、会箋)←箋が何を根拠にこう言ってるのか分からんー(>_<)
・公子壬夫(子辛)=穆王の子
  「楚子重子辛皆出穆王。」(左伝・襄26伝、杜注)
・公子貞(子嚢)=荘王の子。共王の弟
  「子嚢、荘王子公子貞。」(左伝・成15伝、杜注)
  「子嚢、恭王弟令尹公子貞也。」(国語・楚語上、韋注)

■養由基の字
襄公13年の伝文に「養叔」とある。従って字は「叔」。

■「養由基」の異同(『春.秋.左.伝.詁』宣公12年より)
養由基=養由其(『淮南子』)=(養)游基(班.固「東.都.賦」)
[PR]
by huangque | 2001-01-01 01:00 | 春秋関連

未処理メモ(三国編)

気づいたことなどのメモ。未処理・未調査・未分類の記事の集積所。


■呉の石陽攻め
朱然伝には黄武6(227)年の事とあるが、呉主伝・明帝紀では226年、曹丕が没したのに乗じて石陽(あるいは江夏)を攻めたとある。どうも朱然伝が間違っている。
ちなみに呉軍を防いだ魏の将は江夏太守の文聘。

■全琮の没年
全琮伝によれば赤烏12(249)年だが、呉主伝によると赤烏10(247)年の春正月。

■関羽、解池の蛟(=蚩尤)を退治@大宋宣和遺事
雑劇にもなっているこの話、大宋宣和遺事(前集上)にある
(2008.09.09)

■唐代、武成王(=太公望)に陪祀された名将たち
『新唐書』巻15(志5・礼楽5)に詳しい。
上元元年、文宣王(孔子)廟の孔門十哲に擬して武成王に陪祀されたのは、白起・韓信・諸葛亮・李靖・李勣(以上左列)・張良・田穣苴・孫武・呉起・楽毅(以上右列)。
建中三年には、歴代の名将64人の肖像を武成王廟に飾った。そこに選ばれた三国の人物は、
魏:張遼・鄧艾
呉:周瑜・陸遜・呂蒙・陸抗
蜀:関羽・張飛
[PR]
by huangque | 2001-01-01 00:10 | 三国関連

中国史雑多めも

■班氏の祖先(『史記・漢書』角川書店・p31)
班氏は、楚の令尹・子文を祖とする。子文の子・闘班(=闘般)の子孫が班氏となったらしい。
『漢書』を著した班固(孟堅)は、班彪(叔皮)の子、班超(仲升)・班昭(恵班)の兄。
[PR]
by huangque | 2001-01-01 00:05 | 春秋関連

このブログについて

こちらは「黄雀楼」の日記用ブログです(2011年4月~)。過去日記の三国・春秋語りも収納してあります。
通常の日記は「■日記」カテゴリに、語りやメモ的記事はそれ以外のカテゴリにそれぞれ収納してあります。

■カテゴリについて
中国史は「三国関連」「司馬晋関連」「春秋関連」に分かれています。
日本史関連は「中国史以外(日本史)」に、読書メモは「本めも」に入っています。
「■日記」は通常の日記で、たいがい些細なことをぼやいています。
「ネタバレ用」は無双(6以降の三國無双系)のプレイ日記です(ただしあまり書いてないです;)。盛大にネタバレするためのカテゴリですので、ネタバレを気にされる方はご注意ください。
[PR]
by huangque | 2001-01-01 00:01 | about

黄雀楼の日記です。三国・春秋語りや無双ネタバレトークなどもあります。


by huangque

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
about
三国関連
司馬晋関連
春秋関連
中国史以外(日本史)
ネタバレ用(無双)
本めも
■日記

メモ帳

検索

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2006年 01月
2005年 12月
2001年 01月

記事ランキング

画像一覧