昨日荀首さんのデザインができたばかりですが、まんがも早速描いてみました!
思いついたままに描いたら、やっぱり速攻で崩壊しました…我ながらヒドイ。

荀首さん漫画その1…士会引退のとき(宣公16年=BC593)
d0130026_21523337.jpg

何故か泣き虫属性になってしまった…(我が子の話題の時に限る)。でも、これならへたれ気味(失礼)の兄の荀林父のイメージには近づいたかもしれない…。

荀首さん漫画その2…我が子(ちおうさん)が戻ってきたとき(成公3年=BC588)
d0130026_2156683.jpg

何だこれ…。自分は一族の汚点だと思っている我が子に逃げられてしまう親馬鹿荀首。
荀首さんは郤缺のようなオープン親馬鹿ではないです。この時はたまたま、約10年ぶりに我が子に再会したため、親馬鹿心があふれ出して抱きつきに行ってるだけです。普段はこんなことしない…と思う。
欒書様は中軍仲間(欒書執政期、荀首が中軍の佐)。

※左伝の荀首さんは超かっこいい人です!!!(ただし親馬鹿も左伝公式である)

明日から一週間ほど遠出してきます! 無計画のまま出発するはめになりそうだ…!(おま;)
[PR]
# by huangque | 2015-02-01 22:05 | ■日記

唐突に荀首さん

…を、デザインしてみた。ちおうさんのパパで、荀林父の弟の彼。
d0130026_1931550.jpg

右が荀首で、左が息子(ちおうさんは、ヒツの戦いで楚に捕まる前はこんな感じで髪が黒い)です。キャラのバリエーションが枯渇していて辛い…; 息子に似せることばかり考えてデザインした結果、兄貴(荀林父)とは全く似てない弟になってしまいました(汗)。
ツリ目キャラが多いからタレ目にしようかなーと思って描いてみたりもしたのですが、切れ者の荀首にそぐわないので、結局ツリ目キャラの仲間入り。荀首は終始鋭いからなあ…優しい雰囲気よりはきつめの雰囲気の方が似合う。戦場でかっこいい姿を見せることが多いから猶更。ヒツの戦いのときと桑隧の戦いのあたりがかっこいい(>_<)。

…かっこよさげなデザインでまとまりましたが、左伝に「(荀首は)荀オウのことめっさ愛してる」(by巫臣)って書いてあるから、士季殿なんかとしょーもない親馬鹿対決を繰り広げることになるんだろうなぁ…(笑)。郤缺も、陰のある思慮深いキャラのつもりでデザインしたのに、息子が絡むとたやすく崩壊したもんなぁ~。荀首もすぐに崩壊しそうな気がする。
息子(ちおうさん)は、父に対してどうやってデレるんだろう…ししょーさんと同系統かなあ。でも、楚に捕まるなんていう恥辱を味わっているから、父に対しての感情はちょっと複雑かもしれない。

…いつまんがに登場させられるかなあ…描きたいものは溜まるのに描かないから消化できてない;; 描きたいと思った時に描かないとだ…。でも、最近あまりに絵を描かな過ぎて、絵の描き方をマジで忘れてきていて、正直かなりの危機感を覚えています…;
[PR]
# by huangque | 2015-01-31 19:43 | ■日記

描き分けれんしう

d0130026_0564316.jpg


うちの子の顔の描き分けが自分でも分からなくなっていたので(エッ)練習。
ししょーさんと士カイは顔の中が同じです。表情が全く違っていて、士カイの方が親父と同じ表情をするのを避けています。それには理由があって、まんがに描きたいなーと思っているのですが、シリアス目の内容になりそうだし、完結してないまんがもあるので、描けるかどうかは分かりません…。これ以外にも、描きたいネタはいろいろあるのですが、なかなか手をつけられません。謎の心の準備が必要なので…。
[PR]
# by huangque | 2015-01-25 01:11 | ■日記

すわ日記③

年をまたいでしまいましたが(汗)、超自己満足すわ日記ラストです。上社(本宮・前宮)です。省いたつもりですが長いです!
ちなみにこちらが本宮の境内図です。
d0130026_011928.jpg


あと、本宮で見つけたかわええ灯篭(江戸時代の)。
d0130026_0112882.jpg


More
[PR]
# by huangque | 2015-01-16 00:23 | ■日記

あけおめーです!

日記の更新もままならないのんびりサイトですが(…)今年もよろしくお願いします(>_<)。
毎年「笑ってはいけない」を見てますが、今回も面白かったです。鬼ごっことバスの中のネタの諸々がツボでした。「佐々木小次郎みたい」が妙にツボった…。

お年賀絵には知オウさんを描きました。数日前にサイトのトップも替えました。加工前のが↓
d0130026_19492487.jpg

知オウさんを選んだ理由についてはサイトのトップ下にも書きましたが、乙未の年に起こった出来事を左伝で探したところ、自分的にめぼしいのが韓厥引退の記事しかなく(…)、うちの韓厥は絵的な遊びが少ないので、韓厥に代わって執政になった知オウさん(髪が長いので絵的に遊べる)を選びました…という経緯です。韓厥ごめんなさい…。
あまり知オウさんを描かないので、誰こいつ感が漂っていてすみません汗; 知オウさんのまんがも描きたいんですが…若手(士カイと荀偃)にキレまくる漫画とか描きたいですね(エッ)。いろんなものを投げつけさせたいですね(笑)。

…知オウさんは超かっこいい人なのに、自分の中では「若手にブチ切れて肘掛ぶん投げた人」のイメージばかりが先行していて申し訳ない…。久々に左伝の襄公年間の記事にちらっと目を通したら(私の守備範囲は成公年間までなのです…)、知オウさんすげいかっこいいじゃないですかもう…。でも、肘掛ぶん投げ事件のところはやっぱり笑えた(笑うところ?)。肘掛投げられた後、荀偃はともかく、あの士カイまでビビッて必死に働いてるじゃないですか…どんだけ怖かったんですか…。
[PR]
# by huangque | 2015-01-06 20:06 | ■日記