『巴黎本水滸全伝の研究』

白木直也『巴黎本水滸全伝の研究』 1965

水滸伝の版本を、文簡本を中心に考察した論文…かな。
水滸伝の版本の話を読んでみたいな、と思い、図書館で借りました。


一口に水滸伝と言っても、その種類はいろいろ。
100回本、120回本、70回本という分類の方法をご存知の方もいらっしゃると思います。
100回本を基準にすれば、120回本は100回本に田虎・王慶討伐の段を加えたもの。70回本は、梁山泊に108人の好漢が集まったところで強制終了させて、朝廷との戦いや遼・方臘討伐を描かないもの…という違いがあります。

さらにまた、「文繁本」「文簡本」という区別の仕方もあります。
「文繁本」は、記述が詳細なもの。
「文簡本」は文繁本に比べて記述が簡潔で、あらすじだけを追ったもの。
岩波文庫で出ている吉川幸次郎・清水茂による100回本の訳や、講談社(今は別の出版社で出てたけど…どこだっけ・ちくま文庫?)で出ていた駒田信二による120回本の訳は、全て「文繁本」の翻訳です。水滸伝はその描写力が卓越して面白いので、それを切って捨てた文簡本は面白みに欠けるのです。文簡本の訳本はありません。


…と、前置きが長くなりましたが。

この『巴黎本水滸全伝の研究』は、「文簡本」についての論文です。
タイトルにある「巴黎本(パリ本)」というのが、パリ国立図書館が所蔵する水滸伝文簡本のテキストの通称なのです。たった1巻と数ページが残っているだけ…という、中途半端といえば中途半端なテキストです。
が、他の文簡本と比較することで、このパリ本がどのような特徴を備え、他の文簡本(あるいは文繁本)といかなる相互影響関係があるかを考えた論文…だったと思います(汗)。

…こんな曖昧な言い方なのは…この論文、読者に要求する前提知識のレベルがかなり高くて、水滸伝の版本に詳しくない私は四苦八苦だったのです…(へたれ)。


ではまず、この論文の中に出てくる文簡本のテキストにどのようなものがあるかをまとめてみる。

■パリ本
パリ国立図書館所蔵の文簡本。鄭振鐸(ていしんたく)が発見し、その存在を紹介。
正式なタイトルは「新刻京本全像挿増田虎王慶忠義水滸全伝」。
巻20全てと、巻21の8ページ(4葉)しか残っていない。
■京本
内閣文庫のものと、日光山慈眼堂のものの二つがあるらしい…。
正式なタイトルは「京本増補校正全像忠義水滸志伝評林」(でも、ページによっては表記が違っていたりするらしい)。
内閣文庫のものは、全25巻のうち頭の7巻と刊記(おくづけ)がない。
日光山慈眼堂のものは全て揃った「完本」。日本の豊田穣が発見したもの。
(内閣文庫のものと慈眼堂のものって、内容は全く同じなのかな? わ、分からん…!)
■三槐堂本
本自体は残っていないが、京本の序の欄外にある「水滸弁」という文に名前が出てくる。「水滸弁」によると、美文をかなり削った本だったらしい。
■黎光堂本
正式名称は「新刻全像忠義水滸誌伝」。全115回。この論文によると、京本をもとにして作られた、とのこと。

…とまぁ、書いてる本人もよく分かっていないのですが(汗)、文簡本にもいろいろなものがあるようです。で、これらを比較しながら、どれが先に成立してどれが後に成立したかを考察してます。

結論からいえば、成立した順番は
【パリ本→三槐堂→京本→黎光堂本】 であるとのこと。
文簡本の中ではパリ本の成立が一番早く、田虎・王慶の段を挿入したのもパリ本が最初だと思われる。
三槐堂本は、パリ本の中の美文をごっそり削除したものと思われる(現物が残っていないのでどうとも言えないけど…)。
京本は、独自の特色を出すため、新たに少し詩を加えたり、「評語」を加えて特色を出した。また、余呈という人物の扱いをよくしている(京本を出版している本屋が余氏というので、同姓のよしみで贔屓したと思われる)
黎光堂本は、パリ本と京本のいいところを折衷しようとしたと思われる。
…とのこと。らしい。

…文簡本にもいろんな種類があるんだなー、ということが分かったのが収穫でしょうか…。それ以外は難しくてよく分からなかった(汗)。
ここに書いたのは文簡本についてだけだったのですが、論文の中では文繁本との関連についても触れてます。が、私にはよく分からなかった…。
最初にあったのが20巻100回の文繁本水滸伝で、文簡本(パリ本)はそれを削って作ったもので、120回文繁本水滸伝は文簡本の後に登場した…という流れみたいです。多分。


…ほんと、自分用のメモと化してしまった…すみません;
水滸伝の版本に関して興味のある方は、高島俊男『水滸伝の世界』(大修館書店/ちくま文庫)がオススメです。分かりやすくまとめてくれています。
ほんと、高島さんのこの『水滸伝の世界』は水滸伝を読む人にとってはバイブルだよな…。濃厚でしかも面白いです。
[PR]
# by huangque | 2005-12-22 03:06 | 本めも

澤田瑞穂『中国史談集』

澤田瑞穂『中国史談集』 早稲田大学出版部 2000年

読み終わりましたー。
部分的な感想は下の2つの記事に書いたのですが、全体の感想。

歴史の裏舞台を語る…というのが全体の雰囲気。時代でいえば、宋・明・清の話題が多いです。
宋以降の知識階級の人々は、日記…あるいは日記のように考えたことを書き記していて、それが現在でもかなり残っているようです。それらの記事の中から、当時の人々の様子を記した部分を探し出して考察しています。刺青や民間伝説、奇怪な風習などについて、それらの記事を総合して、当時の実情に迫ろうとしているのが、この本の特色かと。

引用してある文献の数が半端でなく、著者の博覧強記ぶりが分かります…聞いたことがない文献の名前がいっぱい…。珍法・宦官・刺青・風俗・宗教・異聞…などの珍しい切り口で、今まであまり触れられることがなかった歴史の一部を語ってます。

刺青の話や宦官の話、あと宋の徽宗の話が、もともと興味のある点でもあったので面白かったですー。
[PR]
# by huangque | 2005-12-22 03:04 | 本めも

刺青のはなし

相変わらず、澤田瑞穂『中国史談集』を読んでます。

その中の「雕青史談」という章に、中国歴代の刺青史について触れてあります。この本を買おうと思ったのも、この章があったからで…(笑)。
刺青と水滸伝は切っても切れない間柄(なのか)ですからね!

刺青は、一種の魔除けや受刑者の印として施されたのが初めらしい。そういえば、漢の高祖劉邦の将・英布も、罪人の印の刺青があったから「黥布」(げいふ:黥はいれずみのこと)とも呼ばれていたんですよね…確か。


お洒落として刺青が彫られたのは唐~元にかけてで、明の太祖洪武帝に至ってほぼ断絶したらしい。水滸伝の舞台となる北宋末は、お洒落刺青の最盛期に重なるということになります。

刺青をあらわすことばは複数あって、刺青・箚青・札青・点青・彫青・刺花・彫花・花繍などとも表現されるらしい。ちらっと水滸伝を見てみると、魯智深と燕青の刺青に関しては「花繍」が使われていました。
水滸には他にも刺青を持った好漢がいるので、どの好漢にどんな表現が使われているのかを見てみると、案外面白い発見があるかもしれません。

この章には、水滸伝に触れる節もありますが、その他刺青に関する記述のある文献を多数引用してあって、なかなか圧巻です。白居易の詩を連想させるような図柄を全身に彫った、などという風流じみたものから、男女のあれーな場面を彫って見せびらかして面白がってたというあほか!な話、科挙の試験のカンニングのために腹に解答を彫り込んだけど、未然にバレて落第した…なんていうどうにも痛々しい話までいろいろ。
水滸の刺青は荒くれ、または男伊達の象徴といった感じですが、刺青にもいろいろあるのね…(笑)。

そういえば、水滸伝の登場人物に双鞭の呼延灼がいます。その先祖とされる呼延賛が、自分だけでなく家族の者にも「赤心殺賊」という刺青をさせていた、なんていう話もありました。子孫の呼延灼は刺青をしていなかったみたいですが。


…水滸伝が本として刊行されたのは、お洒落刺青が衰退した明代になりますが、明の人たちにとって、水滸伝の好漢たちの刺青はどう見えたんだろう。肯定的に受け入れられたのか、否定的に捉えられたのか。古い昔の無頼漢の象徴として、そういえばこんな時代もあったのだという懐古的な思いで見られていたのだろうか。

水滸伝の舞台の宋代は刺青に肯定的。水滸伝が著作された明代は刺青に否定的。その中に、刺青を持った水滸伝の好漢たち。
時代の風潮と関連させて水滸伝を見てみても、面白い発見があるかもしれないなぁ。
[PR]
# by huangque | 2005-12-22 03:03 | 本めも

明の「蒋欽」

澤田瑞穂『中国史談集』を読んでます。
まだ途中なのですが、明に「蒋欽」という人がいた…というのが気になって先にこれだけメモ。

三国志をご存知の方ならば「蒋欽」といえば呉の将を連想しますよね。
が、明にも同じ「蒋欽」という名の人物がいたそうです。
では、明の蒋欽がいかなる人物だったかというと…


蒋欽、字は子修、江蘇常熟の人。
当時、明の武宗(正徳帝)のもとで劉瑾を筆頭とする宦官たちが跳梁跋扈していた。宦官の専横を憎む正統派士人たちは「奸党」などと呼ばれて弾劾されたらしい。陽明学の祖・王守仁(陽明)も、この時に鞭打ちの刑に遭った上左遷されたとか。

蒋欽も、この「奸党」と呼ばれた士人に属し、命を落とすまで宦官一党に抵抗した人物。

ある時劉瑾に憎まれて棒打ちの上投獄され、南京御史の官職まで剥奪された。
やっと牢から出た後も、蒋欽の義心はくじけることなく、出獄後3日で「国賊劉瑾を誅殺し、その上私をも殺して劉瑾に謝すべし」と激烈な上奏文を書いている。やはり棒打ち30回の刑に処せられて投獄された。
が、それでも蒋欽の御史としての誇りは彼を衝き動かし、牢獄の中から、打たれた痛みに耐えながら、劉瑾を弾劾する上奏文を書き上げた。これを奉ればまた罰を受けるのは目に見えている。これが自分の最後の上奏文となろうという覚悟の上で、蒋欽は上奏文を獄吏に託した。

結局、蒋欽の上奏文が皇帝・武宗に届いたかは分からない。劉瑾の一党に握りつぶされたかもしれない。が、罰の棒打ちだけは三度蒋欽の身を襲った。
前回打たれた傷が癒えないままさらに打たれて、罰が終わった後の蒋欽は息も絶え絶えで、その後数日して、獄中で息を引き取ったという。

…以上が明の蒋欽に関する記述です。正義心の強い人物だったのですね…。


劉瑾の専横は、約5年間も続き、劉瑾の徒党でない者は皆何らかの被害をこうむったとか。また、劉瑾が遊び好きの武宗の気を引くために武宗の気に入りそうなものを作り、その資金作りのために搾取を行ったものだから、民は困窮に陥ったとか。

が、宦官同士の内訌で劉瑾はついに叛徒の罪を着せられ、一族もろとも処刑。劉瑾を憎む人々は、劉瑾の死体の肉を争って買って喰らい、溜飲を下げたとか…。

なお、劉瑾に反対した人物の中に、明の古文辞派の領袖として有名な李夢陽や康海、それに李東陽なんかも出てきて個人的にびっくり。名前を知ってても、経歴はよく知らなかったので。
以前ざっと中国の文学史を見たときに出てきた名前に、こんなところで再会できるとは…。
(古文辞派:秦・漢の文章と盛唐の詩を至上の文学とみなし、それに学んだ文学の一派らしい。)


さらに余談ですが…
劉瑾が縛に就いた後、劉瑾の罪を17条だの19条だのを書き上げた檄文やら上奏文が武宗に奉られたらしい。
ここでふと思い出したのが陸遜…。陸遜を憎んでいた(と思われる)楊竺がでっちあげた陸遜の罪状は、劉瑾の罪以上の20条にも及ぶんですよね…。

劉瑾は、政敵をことごとく排除し、武宗の歓心を買い、あるいは賄賂をむさぼり取ったり搾取を行って民衆を苦しめたりと好き放題悪逆の限りを尽くしたのだから、その罪状が多くても当然。
が、陸遜は社稷の臣としての忠誠を尽くし、悪逆非道を行ってはいないのに、劉瑾以上の数の罪をでっちあげられたということになります。

どれだけ楊竺が滅茶苦茶なでっちあげを行ったかが察せられるというものです。
[PR]
# by huangque | 2005-12-22 03:02 | 本めも

未処理メモ(春秋編2)

メモが長くなったので分割~


【春秋・国語関連】

■国語韋昭注に引かれる主要注釈者のなまえ
・賈侍中=賈逵(後漢の人)らしい。…わりと最近まで賈充の父の魏の賈逵のことだと思ってた…;
・鄭司農=鄭衆(後漢の人)らしい。…わりと最近まで鄭玄のことだt(略) 司農をやってた注釈者の鄭っていうと鄭玄がぱっと出てきてしまって…; ちなみに鄭玄の注を引く場合は「鄭後司農」と書いてある。
・唐尚書=唐固(呉)。だいたい虞翻と同年代(微妙に年上)の人。
・虞御史=我らが(?)仲翔さん。
虞翻注が引かれてるのをあまり見ない…交州にすっ飛ばされてるし、中央には唐固がいて国語を研究してた訳だから、呉におけるメジャー度は唐固注>虞翻注なのかもー。

■春秋三伝で名の表記が異なる人
自分が見つけた・気になったものだけ。十三経注疏に依る。表記した紀年は、自分が見つけたものであって初出ではない。
・荀首(成5経)=「荀首」(左伝・穀梁)/「荀秀」(公羊)
・韓厥(襄元経)=「韓厥」(左伝・穀梁)/「韓屈」(公羊)
・士魴(成18経)=「士魴」(左伝・穀梁)/「士彭」(公羊)
・狐射姑(文6伝)=「狐射姑」(左伝・公羊・穀梁)/「狐夜姑」(穀梁)
  ※穀梁伝はどちらの表記もある。
・先蔑(文7経)=「先蔑」(左伝・穀梁)/「先眛」(公羊)
なお、公羊・穀梁が今文、左伝が古文。らしい。つまり、これらの表記の差異は、今文古文の差異と一致しない。公羊伝だけ特殊なことが多い。

■春秋各国の歴史書のなまえ
『孟子』離婁下から~
・晋→乗  ・楚→檮杌  ・魯→春秋

■左伝の主要注釈書
(角川書店から出てる「鑑賞中国の古典」シリーズの左伝の総説で挙げられているもの)
・杜預[西晋] 『春秋経伝集解』
・孔穎達[唐] 『春秋左伝正義』(『十三経注疏』に収められている)
・林尭叟[宋] 『左伝句読直解』(『春秋左伝杜林合注』として印行)
・顧炎武[清] 『左伝杜解補正』(杜預の注釈の強引な解釈や誤謬を改める)
・恵棟[清]  『春秋左伝補注』
・焦循[清]  『春秋左伝補疏』
・沈欽韓[清] 『左氏伝補注』
・劉文淇[清] 『春秋左氏伝旧注疏証』
・楊伯峻   『春秋左伝注』
(以下二本は左伝を紀事本末の体裁に編纂したもの)
・高士奇[清] 『左伝紀事本末』
・韓席籌[清] 『左伝分国集注』
(以下は日本人の注釈書)
・竹添進一郎(井井) 『左氏会箋』(諸家の注と会箋の見解がごっちゃなのが難点)
・亀井昱(昭陽)   『左氏纘考』(先父・南冥の『考義』の後を承けて書かれた)
・安井衡(息軒)   『左氏輯釈』(明治以降最も流布、杜注読解の助けとされる)

[PR]
# by huangque | 2001-01-01 01:05 | 春秋関連

黄雀楼の日記です。三国・春秋語りや無双ネタバレトークなどもあります。


by huangque

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
about
三国関連
司馬晋関連
春秋関連
中国史以外(日本史)
ネタバレ用(無双)
本めも
■日記

メモ帳

検索

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2006年 01月
2005年 12月
2001年 01月

記事ランキング

画像一覧