人気ブログランキング |

ヒツの戦い雑感

【2011.9.16の日記】

ちまちま春秋メモを取っていて、昨日今日はヒツの戦いのあたりを見てましたが…士会かっこよすぎるやろ…。あと楚の荘王様がカリスマすぎて眩しい。左伝の宣公年間って、楚荘王年間って感じやー、荘王が中原をゆさぶりまくっている…。
今更気づいたことなのですが、ヒツの戦いの前の年(BC598)の秋まで郤缺が出てきてるので、BC598の秋からヒツの戦いがあったBC597の夏の間に郤缺が亡くなってるということですよね。執政だった郤缺が亡くなったから、郤缺に代わって荀林父が執政になってヒツの戦いを迎えた、と。郤缺の子である郤克は、父が亡くなってから1年も経たないうちに上軍の佐になって、士会と一緒に軍を率いてるってことなんですよね…。ちょっとけなげやん…と思って、郤克にきゅーんとなりました。鞍の戦いの前後は滅茶苦茶だけど(笑)、ヒツの郤克ってけっこう切れ者な発言をしてますよねー、やっぱりホントはできる子なんだよ~。

しっかし、もし郤缺がもう少し長生きしてて、執政が郤缺のままこの状況を迎えていたらどうなったんだろう…。郤缺なら先コクなんかのアホに勝手をさせることもなく、楚と戦わずにきれいに引いて、無様な敗北を喫しなかったんだろう…。

でもなー、荀林父さんがここで大負けして、士渥濁のお蔭で命拾いして、その後狄と戦って、狄の中でも一番鬱陶しそうなロ氏を滅ぼして宰相のホウ舒をも死に至らしめて名誉挽回してるのも好きなんだよなぁ…。荀林父さんがすごい頑張ってる感じがして…。ヒツでの苦過ぎる思い出と、狄相手に果たした雪辱がなければ、本当に押しの弱い地味ーな人で終わっていた気がする…。たぶん、荀林父の雪辱話がなければ、私はこの人を大いにスルーしてると思う。息子の荀庚と同じレベルでスルーしてると思う。荀庚はマジで地味だよなぁ…長らく士燮の上司をやってたのに(けっこう長い間上軍でコンビだった)、表に出てくるのは士燮ばっかりや…(涙)。…ちうか、そもそもこのサイトでもほとんど荀林父は出てこないんですけどね…(汗); その、周りが派手すぎるんですよ…! 趙盾や郤缺や士会に全部持って行かれてしまうのですよ…。
by huangque | 2011-01-01 06:55 | 春秋関連

黄雀楼の日記です。三国・春秋語りや無双ネタバレトークなどもあります。


by huangque