人気ブログランキング |

関羽in『儒林外史』

【2006.05.12の日記】


今日はまたーりと読書。今は中国清代の小説『儒林外史』を読んでます。登場人物多すぎ。
で! なんとここに関羽の幽霊出てきたーー(爆笑)!! 幽霊というよりは「神」なんでしょうが…「関聖帝君」という名前で呼ばれる。

陳という占い師は「御霊降し」占いの名手。手に持った筆に神様や霊魂が降りてきて占いをしてくれるんだとか。で、王という人と荀という人が占いを頼み、陳と一緒に筆を持っていると、たまたま関羽の霊が降りてきてお告げをしてくれたんです。この時の3人のおったまげかたがおもろい…(笑)。

で、関羽は、彼の死後何百年も後に成立した「詞」というスタイルの韻文を使って(笑)、王が立身出世するというような予言を書き付けるんです。
で、この予言はすべて的中するんですが、ちょっと皮肉な当たり方で。説明すると長くなるので、気になる方は儒林外史第7回を見てみてくだされ…。
…てか、陳さんのこの占い…こっくりさんと変わらないよな…(笑)。中国にもこっくりさんがあったんですね。

私も小学生のころ、興味本位でこっくりさんをやってみたことが何回かありますが、やっぱりやったことのある方は多いんですかね? こっくりさんは怪談のスタンダードですが、私は怖い目にあったことはないなぁ…。

* * *
keyword: 【儒林外史】
by huangque | 2011-01-01 01:50 | 三国関連

黄雀楼の日記です。三国・春秋語りや無双ネタバレトークなどもあります。


by huangque