関羽の荊州失陥について

【2006.07.18の日記】

関羽の荊州失陥について思うのは…あの事態に陥ったのは、やはり関羽自身が軽率だったからだと(今は)思ってます個人的に(呉志しかまともに読んでないので呉側の視点しか持てないのですが;)。
以下まとも語りしてるっぽいので興味のある方のみどうぞー。関羽ファンの方は避けていただいた方が…いいかも……。


関羽は呉をなめすぎてたのではないかと思います…孫権を侮辱したり(←関羽の娘と孫権の子の縁談の件で)しているのを見ると、そんな気がします。少なくとも、呉を重要視し、同盟を密にしようと思っていたら、そんなことを言ったりしないでしょう。
呂蒙が関羽を警戒し、こちらが先手を打つべきだと主張しているのは、関羽のそういった同盟軽視が背景にあるんじゃないでしょうか。関羽は同盟を保持する気は無い、そのうち東呉に牙を剥くこともありうる、ならば先手を打たなければ、といったような流れで。関羽がもうちょっと慎重に友好関係を保持しようしていたならば、呂蒙もこう考えたかどうか。
…呂蒙は、魯粛が周瑜の後を継いだ頃から対関羽の戦略を練っていたようですので、関羽討伐を考えていたことは十分にありうるとは思いますが…。

呉が蜀に対して強硬になったのは、総指揮官が魯粛から呂蒙に代わったせいもあるかもしれませんが、諸葛亮が荊州から益州に行ってしまったせいもあるかと思います。諸葛亮が荊州に居続けたら、決して関羽にあんな(呉の君主を侮辱する)ことは言わせなかったのでは…。諸葛亮がいたら、たとえ呉の総指揮官が呂蒙に代わったとしても、呉蜀の同盟関係は保持されたはず。

樊城征討に向かった時も、呉蜀の国境で略奪行為をはたらいて呉に大義名分を与え、しかも魏の謀略によって呉が背後から迫っているのを知っていたのに引き返さなかったのは、関羽の油断によるものかと…。荊州を麋芳・士仁に任せていたのも関羽の失敗では…。

…って、関羽ファンの方が読んだら「何を言っとるウラー!!!」と間違いなく言われると思いますが、呉側の資料を見ているとどうもそう思えます…。今後また、魏・蜀側の資料を読んでみれば変わってくるかもしれませんが…。

* * *
keyword: 【関羽】【呂蒙】
[PR]
by huangque | 2011-01-01 02:25 | 三国関連

黄雀楼の日記です。三国・春秋語りや無双ネタバレトークなどもあります。


by huangque

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
about
三国関連
司馬晋関連
春秋関連
中国史以外(日本史)
ネタバレ用(無双)
本めも
■日記

メモ帳

検索

以前の記事

2018年 07月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2006年 01月
2005年 12月
2001年 01月

記事ランキング

画像一覧