人気ブログランキング |

呂城に関廟無し

【2006.10.04の日記】

今日も語らせてくだせぇ!(笑)
今日の呂蒙話は、昨日の逆で、呂蒙殿の関羽へのささやかな復讐(?)の話であります。
出典は昨日同様、清の袁枚『子不語』(巻8・「呂城無関廟」)です。

*   *   *

呂城というところの周囲50里(25キロくらいかな)には関帝廟がない。言い伝えによると、呂城を建設したのは呂蒙で、今でもこの場所の土地神になっている(? 原文「至今蒙為土地」)。
一度関帝廟を建てたのだが、毎晩武器やら角笛やら戦の最中のような物騒な音がするので(呂蒙と関羽が戦しとる…怖;)、人々はここに関帝廟は建てないようにしよう…と戒めあっていた。

ある時、旅の占い師が土地神の廟に宿を取った。
と、夜中に激しい雷雨が起こり、廟の屋根やら瓦が全て吹き飛び、翌朝まで続いた。なぜそんなことが起きたのか分からなかったが、地元の人々がやってきて見てみると、占い師のかついでいた旗に関帝(関羽)の姿が描いてあった。
地元の人々は占い師を追い出して、二度と呂侯廟(呂蒙の廟か)に泊まることを許さなかった。

*   *   *

…という、呂蒙殿の関羽嫌いの話でした(笑)。
呂蒙と関羽って、ともに文武両道で勉強好きで、陣営さえ同じだったら意気投合しそうだよな~と個人的に思ってるのですが、『子不語』に採られた話を見ると犬猿の仲ですね…苦笑。

この呂城という場所、ちょろっと調べてみたところ、長江下流域にあるようです。三国時代でいえば丹陽あたりです。
この付近と呂蒙殿って、あんまり関係が深いと思われないのですが、この呂城と呂蒙殿が関係あるらしい、という話は、同じく清の紀昀という人の文章(『閲微草堂筆記』)にも見えます。
…今でもあるのかなぁ、呂侯廟? あるならマジで行きたいんですけどーー!!!!!

呂蒙殿と関係が深い場所といったら、個人的には尋陽か公安かなー、と思ってたのですが…。尋陽は呂蒙殿が長い間県令を務めていた場所、公安は荊州奪取の際に奪い取り、病気になったときに孫権に看病を受け、そのまま亡くなった場所。

ところでこの『子不語』、他にも三国関連の話があっておもろい…夏侯惇とか曹操とか張飛とかの話もありました。関羽の話はかなり多いです…さすが関帝(笑)。

* * *
keyword: 【呂蒙】【関羽】【袁枚】
by huangque | 2011-01-01 00:45 | 三国関連

黄雀楼の日記です。三国・春秋語りや無双ネタバレトークなどもあります。


by huangque