人気ブログランキング |

<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

d0130026_10541928.jpg無双好きさん向け人物列伝に朱然を足しておきました。ブログの右にもリンクが貼ってありますので、そこからも飛べます。字を大きめにしました…新パソ子で見たら異様に字が小さかったので;;
列伝自体は5日前に更新したんですが、列伝を更新しただけでこたつで寝てしまって、その後は病気で…司馬昭病という重篤な病に侵されて(…)、ついさっきトップページの更新なんかもやりました…すみません;; 右には列伝に使った絵の加工前のものを上げてみました。加工後の絵とそう違いはないんですが…; もとの衣装を少しアレンジしました。できれば髪型も結髪なんかにしたかったんですが、あの髪型で結髪は無理だった…;



以下は言い訳。
前半部分に無駄な部分が多いと自分でも思っています…酒乱の学友の話なんかは特に(笑)。ただ、濡須口の戦いは、自分の中では「呂蒙殿が朱然を認めたきっかけの戦い」という位置づけなので、周泰なんかも巻き込んで(笑)少し長めにしました。

荊州奪還後に孫権が呂蒙殿を見舞った話も長めですが、これは「呉国創業の功臣が病にかかった際、孫権が最も心を砕いたのが呂蒙と凌統で、朱然はそれに次いだ」という、列伝の最後にも引いた正史の一節を分かりやすくするために分量を割きました。権ちゃんが最も心を砕くとストーカーレベルになるということは示しておかなければいけないと思ったのです(笑)。

朱然の戦歴で最も華々しいのはやはり223年の江陵防衛戦なので、そこは詳しく書きました。その後、江夏方面や襄陽方面にたびたび攻め込んでいるのですが、江陵防衛戦と比べると地味なので割愛。246年の柤中攻めは面白いかもですが。この前に呉で裏切者が出て、孫権はだいぶキレてたらしいのですが、朱然が柤中攻めに向かう前に「この戦いで勝って、殿のご立腹を解いてやりますよ☆」的な手紙を送り、その言葉通りに勝利を収めてきた、なんて話です。

朱然といったら何と言っても墓!なので(…)墓の話も知ってる限りで入れました。『中国文明史図説5・魏晋南北朝』篇に、朱然の墓から出土した漆器の写真がいくつか載ってました。小洒落た食器やお盆や箱なんかが載ってます。この本に載ってる漆器は全部朱然の墓から出たやつ(だと思う)。
ちうか、この本によると、周魴やその子の周処の墓なんかも出土してるって書いてあるー! 周魴の墓から出た磁器の写真なんかも載ってますよ!やだ!(何) 墓っていうと朱然の墓の話はよく見聞きするんだけど、周魴の墓も出てるんじゃんか…! 周魴・周処の墓も有名なのかな…私が無知で知らなかっただけか…。
…朱然の話に戻ると、この本には朱然の名刺は載ってないんですが、他の呉の人(高栄という人物)の名刺が載ってます。朱然の名刺と内容はほぼ同じ。
朱然の名刺は、大三国志展のカタログ(←頂きもの)に載ってました。3種類載ってます。名刺って他人に書かせないっすよね…朱然の直筆ですよね…?? なお、こちらのカタログには、朱然墓から出土した漆器のレプリカの写真が載ってました。カタログの前についている解説には、朱然墓から出土した文物の重要性に触れているものもありました。…このカタログに載ってる漆器も全部朱然の墓から出たやつ(だと思う)。

列伝のほかに詳細的なページを作るのがお約束になっていますが、今回作るかどうかは、まだ考え中。作るとしたら江陵について語るページになるかもしれない…。先日、年末の棒茄子をはたいて読.史.方.輿.紀.要を手に入れたので、江陵の歴史について調べるのも多少容易なのだ…。江陵=郢(楚の都)だと思ってましたが、この本によると違うんですねえ…江陵は、楚の渚宮であって郢ではないらしい。
by huangque | 2014-03-22 11:34 | 三国関連

黄雀楼の日記です。三国・春秋語りや無双ネタバレトークなどもあります。


by huangque