人気ブログランキング |

<   2018年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

江.南の春

d0130026_23165772.jpg
千里.鶯鳴いて.緑.紅に映ず…でしたっけ、杜牧の詩。どうもご無沙汰しておりました。
むそ8に明け暮れたり(1周目のプレイは割と楽しめるんだ…)、ちうごくにつれて行っていただいてたり、リアル引っ越しをしたりしていました。上の写真はちうごく旅行の時に撮ったものです。三国関連の場所を何箇所か回ってきました。またそのうち自己満足レポ的なものを上げるかもしれません。仕事が軌道に乗らないこと甚だしいので、いつになるかは定かではないのですが…。GWなので休みが欲しいです。ぶつ切りなので悲しいです。

下に久々に春秋関連?のめもを上げました。好きなことをしてる時が「生きてる!」って気がするなあ~。ではまた!

by huangque | 2018-04-29 23:29 | ■日記

『中国姓氏考』めも

王泉根(著)、林雅子(訳)『中国姓氏考』(第一書房)のめも。気になったところを箇条書きで。主に春秋関連のこと。[ ]内は自分の勝手な補足~。例によって自分用めもです。

●夏・殷・周の姓
『白.虎.通.義』姓名篇・『論衡』怪奇篇に記載がある。
夏(禹)は「姒」姓、殷(契)は「子(好)」姓、周(后稷)は「姫」姓。禹の母は薏苡(よくい:ハトムギのこと)に、契(せつ)の母は燕の卵に、后稷の母は巨人の足跡に感じてそれぞれ子を身ごもった。

●舜・神農の姓
『説.文.解.字』(姚字)に記載あり。舜(虞舜)の姓は「姚」だが、これはその一族がいた土地である「姚虚」から取った。また、『説.文.解.字』(姜字)によれば、神農(炎帝)は「姜水」の近くにいたことから「姜」を姓としたらしい。

●「姓」と「氏」について
姓=血統を表し、女系を示す。
氏=勲功(周による分封)を表し、男系を示す。
…といえる様子。『説.文.解.字』(氏字)の段.玉.裁注などにそう書いてあるっぽい。

●「氏」の決め方
漢の応.劭の『風.俗.通.義』姓氏篇によれば、周代の命氏のパターンは9種類。
①号による氏 ②居による氏 ③事による氏 ④諡による氏 ⑤爵による氏 ⑥国による氏 ⑦官による氏 ⑧字による氏 ⑨職による氏

宋の鄭.樵の『通志』氏族略はさらに細かくて、32種類に分類している。
『通志』から主な例を挙げると以下の通り。

①国名を氏とするパターン:周の文王の第三子で「管」国に封じられた「管」叔鮮など。晋に封じられた唐叔虞は「晋」氏の祖らしい。

②採邑名を氏とするパターン:[この本では例に挙がってないけど、晋の卿によくあるパターンだよな…魏氏、韓氏、范氏とか。邑をもらった郤至が「温」季と呼ばれるのもこれだよなー。]

③郷名を氏とするパターン、④亭名を氏とするパターン:③④は①に準ずるパターンかな…郷も亭も、与えられた爵位によって与えられる土地のことらしいので。(※「宗法封建制」なる周の制度に基づくと、郷=子爵の者に与えられる封土、亭=男爵の者に与えられる封土らしい。)

⑤地名(居住地の名)を氏とするパターン:封土を受ける資格がない人はこのパターンで氏を決めるらしい。岩という土地の人が「傅」氏を名乗り、山黄帝陵を守る人が「橋」氏を名乗るなど。

⑥姓を氏とするパターン:姚、姜、姫、子とかとか。

⑦字(あざな)を氏とするパターン:王父(祖父)の字を氏とする。父の字を氏とすることもある。[鄭なんかでよくあるやつ。鄭の子(名は騑)の子孫が「駟」氏とか、鄭の子(名は発)の子が「国」僑(=公孫僑=子産)とか。]

⑧名を氏とするパターン:⑦の名バージョン。

⑨次(排行)・族(同族)を氏とするパターン:伯仲叔季がつくものなど。[魯の孟孫(仲孫)氏、叔孫氏、季孫氏とか?]

⑩官爵名を氏とするパターン:周の宣王のとき司馬職にあった程伯休父が「司馬」氏となるなど。[荀林父さんが中行の将だったから「中行」氏になったのもこれかなあ。]

⑪吉徳・凶徳を氏とするパターン:晋の趙衰が冬の太陽のようであったことから、その子孫が「冬日」氏を名乗ったとか(まじかー知らんかった…)、劉邦に仕えた英布が黥刑に遭ったことから「黥」布と名乗ったとか。

⑫技芸を氏とするパターン:龍を飼い馴らす「御龍」氏とか、俳優の「優」氏とか、シャーマンの「巫」氏とか。[巫臣はこれだなー。]

⑬事柄を氏とするパターン:漢の田千秋は、老いて体が弱く、車に乗って朝廷に出入りしたことから「車」丞相と呼ばれ、子孫も「車」氏を名乗ったなど。

⑭諡を氏とするパターン:楚の荘王の子孫が「荘」氏を名乗ったなど(そうなのかー)。

●庶民は氏を持たない
長沮・桀溺などは氏を持たない。それは彼らが貴族出身ではなく、氏を決めることがなかったためらしい(氏を持つのは貴族が多い)。

●姓についての記述
『国語』鄭語(祝融から出た八姓)、『国語』晋語(黄帝から出た十二姓)、顧.炎.武『日知録』(五帝から出た二十二姓)、史.游『急就篇』(漢代に130の姓があったという記述)、明の王.圻『続文献通考』(当時4657の姓があったという記述)など。

●姓氏制度の崩壊は秦のとき
秦の統一に伴い、各国の王子王孫は庶民となり、貴族出であることを示す(貴族だからこそ有する)氏は、その意味を失った。以降、姓と氏は区別を持たなくなり、人々は皆姓氏を得られるようになった(『通志』氏族略)。明の顧.炎.武は『日知録』で、「戦国以下の人より、氏を以って姓と為し、而して五帝以来の姓亡ぶ」と言っているらしい。

●子の命名は3か月後
上古、子供の命名は生後三か月または100日後に父親が行った。名づけは大切なことなので、それだけ時間をかけてじっくり考えたらしい。

●十干は太陽の名
言い伝えでは、古代には太陽が10個あり、それぞれ十干(甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸)の名で呼ばれていた。10個の太陽は毎日一つずつ順番に昇り、10日で一巡する(=旬)。よって、十干は「天干」ともいう。
夏・商(殷)の王族・貴族は太陽神を崇拝し、自らを太陽神の子孫とみなした。そこで、日名=十干を皇帝(王)の名に用いた。
(夏王朝)太康(=太)、仲康(=仲)、少康(=少)、孔、胤、履(桀王の名)など。
(商王朝)31人全ての王が日名を用いる。大(湯王の名)、帝(紂王の名)など。

by huangque | 2018-04-29 18:57 | 春秋関連

黄雀楼の日記です。三国・春秋語りや無双ネタバレトークなどもあります。


by huangque