『中国姓氏考』めも

王泉根(著)、林雅子(訳)『中国姓氏考』(第一書房)のめも。気になったところを箇条書きで。主に春秋関連のこと。[ ]内は自分の勝手な補足~。例によって自分用めもです。

●夏・殷・周の姓
『白.虎.通.義』姓名篇・『論衡』怪奇篇に記載がある。
夏(禹)は「姒」姓、殷(契)は「子(好)」姓、周(后稷)は「姫」姓。禹の母は薏苡(よくい:ハトムギのこと)に、契(せつ)の母は燕の卵に、后稷の母は巨人の足跡に感じてそれぞれ子を身ごもった。

●舜・神農の姓
『説.文.解.字』(姚字)に記載あり。舜(虞舜)の姓は「姚」だが、これはその一族がいた土地である「姚虚」から取った。また、『説.文.解.字』(姜字)によれば、神農(炎帝)は「姜水」の近くにいたことから「姜」を姓としたらしい。

●「姓」と「氏」について
姓=血統を表し、女系を示す。
氏=勲功(周による分封)を表し、男系を示す。
…といえる様子。『説.文.解.字』(氏字)の段.玉.裁注などにそう書いてあるっぽい。

●「氏」の決め方
漢の応.劭の『風.俗.通.義』姓氏篇によれば、周代の命氏のパターンは9種類。
①号による氏 ②居による氏 ③事による氏 ④諡による氏 ⑤爵による氏 ⑥国による氏 ⑦官による氏 ⑧字による氏 ⑨職による氏

宋の鄭.樵の『通志』氏族略はさらに細かくて、32種類に分類している。
『通志』から主な例を挙げると以下の通り。

①国名を氏とするパターン:周の文王の第三子で「管」国に封じられた「管」叔鮮など。晋に封じられた唐叔虞は「晋」氏の祖らしい。

②採邑名を氏とするパターン:[この本では例に挙がってないけど、晋の卿によくあるパターンだよな…魏氏、韓氏、范氏とか。邑をもらった郤至が「温」季と呼ばれるのもこれだよなー。]

③郷名を氏とするパターン、④亭名を氏とするパターン:③④は①に準ずるパターンかな…郷も亭も、与えられた爵位によって与えられる土地のことらしいので。(※「宗法封建制」なる周の制度に基づくと、郷=子爵の者に与えられる封土、亭=男爵の者に与えられる封土らしい。)

⑤地名(居住地の名)を氏とするパターン:封土を受ける資格がない人はこのパターンで氏を決めるらしい。岩という土地の人が「傅」氏を名乗り、山黄帝陵を守る人が「橋」氏を名乗るなど。

⑥姓を氏とするパターン:姚、姜、姫、子とかとか。

⑦字(あざな)を氏とするパターン:王父(祖父)の字を氏とする。父の字を氏とすることもある。[鄭なんかでよくあるやつ。鄭の子(名は騑)の子孫が「駟」氏とか、鄭の子(名は発)の子が「国」僑(=公孫僑=子産)とか。]

⑧名を氏とするパターン:⑦の名バージョン。

⑨次(排行)・族(同族)を氏とするパターン:伯仲叔季がつくものなど。[魯の孟孫(仲孫)氏、叔孫氏、季孫氏とか?]

⑩官爵名を氏とするパターン:周の宣王のとき司馬職にあった程伯休父が「司馬」氏となるなど。[荀林父さんが中行の将だったから「中行」氏になったのもこれかなあ。]

⑪吉徳・凶徳を氏とするパターン:晋の趙衰が冬の太陽のようであったことから、その子孫が「冬日」氏を名乗ったとか(まじかー知らんかった…)、劉邦に仕えた英布が黥刑に遭ったことから「黥」布と名乗ったとか。

⑫技芸を氏とするパターン:龍を飼い馴らす「御龍」氏とか、俳優の「優」氏とか、シャーマンの「巫」氏とか。[巫臣はこれだなー。]

⑬事柄を氏とするパターン:漢の田千秋は、老いて体が弱く、車に乗って朝廷に出入りしたことから「車」丞相と呼ばれ、子孫も「車」氏を名乗ったなど。

⑭諡を氏とするパターン:楚の荘王の子孫が「荘」氏を名乗ったなど(そうなのかー)。

●庶民は氏を持たない
長沮・桀溺などは氏を持たない。それは彼らが貴族出身ではなく、氏を決めることがなかったためらしい(氏を持つのは貴族が多い)。

●姓についての記述
『国語』鄭語(祝融から出た八姓)、『国語』晋語(黄帝から出た十二姓)、顧.炎.武『日知録』(五帝から出た二十二姓)、史.游『急就篇』(漢代に130の姓があったという記述)、明の王.圻『続文献通考』(当時4657の姓があったという記述)など。

●姓氏制度の崩壊は秦のとき
秦の統一に伴い、各国の王子王孫は庶民となり、貴族出であることを示す(貴族だからこそ有する)氏は、その意味を失った。以降、姓と氏は区別を持たなくなり、人々は皆姓氏を得られるようになった(『通志』氏族略)。明の顧.炎.武は『日知録』で、「戦国以下の人より、氏を以って姓と為し、而して五帝以来の姓亡ぶ」と言っているらしい。

●子の命名は3か月後
上古、子供の命名は生後三か月または100日後に父親が行った。名づけは大切なことなので、それだけ時間をかけてじっくり考えたらしい。

●十干は太陽の名
言い伝えでは、古代には太陽が10個あり、それぞれ十干(甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸)の名で呼ばれていた。10個の太陽は毎日一つずつ順番に昇り、10日で一巡する(=旬)。よって、十干は「天干」ともいう。
夏・商(殷)の王族・貴族は太陽神を崇拝し、自らを太陽神の子孫とみなした。そこで、日名=十干を皇帝(王)の名に用いた。
(夏王朝)太康(=太)、仲康(=仲)、少康(=少)、孔、胤、履(桀王の名)など。
(商王朝)31人全ての王が日名を用いる。大(湯王の名)、帝(紂王の名)など。

# by huangque | 2018-04-29 18:57 | 春秋関連

いよいよ明日だ!

むそ8を注文していたお店から発送連絡来た!! これで明日ゲットできる(>_<)!! でもあまりに久々のナンバリングタイトルなので緊張しすぎてプレイできないかもしれない!(エッ)<むそ5のときがそのパターンだった…

とても楽しみです。


弔問系男子描いてみました。
d0130026_22451013.jpg
荀彧は凛々しいものいいけどこういう憂いを含んだ表情も似合いそう…。そういう表情にするとうちのししょーさんっぽくなってしまう…(憂死系男子はどうもこうなる)。
荀彧には弔問がお似合いだってdisってたのは禰衡でしたね。演義だと他にもめっさいろんな人が禰衡にdisられてて聞いてた張遼がブチ切れてましたが、「○○系男子」とかいって売り出せば、けっこういい商売になる気もした…(ただし夏侯惇と曹仁への悪口はただの差別なので除外…;)。荀攸=墓守系とか、李典=伝令系、満寵=泥酔系(…)とか行けませんかね。

荀彧の中の人って、幻水4の4様の中の人と同じかーー!!! 懐かしすぎる。

# by huangque | 2018-02-07 22:59 | ■日記

いよいよですな…

d0130026_22052029.jpg
むそ8発売までいよいよ秒読みですね…。満寵の髪はストレートなんだけど、服がだらしない印象があまりに強くて無駄にハネさせてしまった…。毎度ながら似ない…。

最近の異常な寒さで、家に帰っても手がかじかんでろくに何もできず切ないです。暖房してもなかなか室温が上がらず、上がっても15度を越えない…洗濯物がぜんぜん乾かない! むそ8が届いても手が動かないかもしれない…(エッ)。がんばってホッカイロであっためます。

# by huangque | 2018-02-01 22:12 | ■日記
むそ8発売が楽しみで昔の無双関係のフォルダを見ていたら、イベント終了後に降ろしたままにしていた交地のチラシ絵を見つけたのでアップしておきました。

描かせていただいたこのチラシ絵はいろいろと印象深いです…。憧れの交地のチラシ絵というのに加え、むそ6発売日が原稿締切日だったり、原稿を仕上げて送ったのが震災発生の数時間前だったり…。

ラフはこんな感じでした(ピンクのところはロゴのスペース)。若干の変更はありますが、だいたいラフ通りに描けているようです…自分にとってはけっこう奇跡的な気がする…(エッ)。
d0130026_19352559.jpg

むそ8はトレボを予約しました。これで発売日には届くはず! 届いた日にプレイできるかどうかは分かりませんが(涙)! 年初から仕事でイレギュラーが多すぎて困っています!!うおお!

むそ8発売前なので(?)演義を読み直しています…自分はカン沢のような記憶力がないので、ある程度内容を覚えておくためにメモを取りながら読んでいます…。自分は結構メモを取ったり自作資料を作ったりしますが、それは別に真面目とかそういう次元の話ではなく、自分がアホの子ですぐ忘れる性質だという自覚があるからです…。一度頭の中で整理してアウトプットしないと、ところてん式に忘れてしまうからなぁ…; したがって進捗は激遅で、まだ20回までしか読めてません! 呂蒙殿が登場するシーンにたどり着く前にむそ8が発売する気がする!!(笑)

…むそ8は演義よりも正史寄りっぽい気もするので、演義を読むより正史を読んだ方がいいのかな、とも思いますが…正史については資治通鑑である程度整理されてるから、通鑑を見ればいいかな、と思っている…(コラ)。通鑑を編纂した司馬光は偉大ですね…。仏のような方に通鑑の三国時代あたりの本文を頂いたので、何となればそれで確認するつもりです…。

演義だの正史だのを事前にチェックするのは、別にこえさんのあら捜しをするなどという身の程知らずで失礼なことが目的ではなく、こえさんなら正史や演義をしっかり踏まえながらゲームを作ってらっさると思うので、その仕込みを極力見落とさないようにするためです。ゲームをやってて「これは正史のアレを踏まえてる!」とか気づくと楽しいからです…。


では、遅くなってしまって本当に申し訳ありませんが(汗)、メルフォのお返事を以下で! 早速使っていただいてありがとうございます…!!


More
# by huangque | 2018-01-21 20:14 | ■日記

あけまして~です

今年ものんびりまったりよろしくお願い致します!

さて、サイトの方を更新しましたです。
トップは苗賁皇に飾ってもらいました。お年賀絵もこちらです。何故彼を選んだかはトップページの下の方にも描きましたが、えんりょーの戦いが戌年にあって、関係する人物でお年賀に描けそうなのが彼くらいしか浮かばなかったからです…。
試しにえんりょー中軍コンビの欒書様とししょーさん(+α)でお年賀絵を描いてみましたが、
d0130026_22562015.jpg
誰!???感が半端ないです。却って不吉な感すらします…(笑)。ししょーさんが笑顔でピースとか天変地異モノだわあ…。

あとは去年描いた水滸絵や無双絵を収納しました。新作が苗さんしかなくてすみません…。

それと、需要の有無は分からないのですが、メルフォを再設置しました。ろくすっぽ日記も書かないサイトにメルフォを置くあたり我ながらどうなのかと思いつつ、こんなサイトにも感想を送ってくださる仏のような方もいるかもしれない…という淡い期待も込めて置いてみました(※送ってね!というフリではないので無理に送らなくて大丈夫です…)。現状、管理人への連絡手段がメールと掲示板しかないのも不便な気もしますし…。ちなみにメアドも少し変わりました。昔のも使えますが!
新メルフォは送っていただいても自動でこちらにお知らせが入る訳ではないので、ずぼらな自分はせっかく送っていただいたメッセージにしばらく気づかない可能性もあって…なんだかほんとうにすみません;;
…言い訳が長い(笑)。

あ、メッセージは送っていただかなくて大丈夫なんですが、メルフォの背景に昔描いた呉カルテットのしおり絵を設定しておきましたので、気になる方は見てみてください~。

# by huangque | 2018-01-06 23:08 | ■日記

黄雀楼の日記です。三国・春秋語りや無双ネタバレトークなどもあります。


by huangque